中古家電をお得にゲットしよう

>

中古家電を買うことのメリットとデメリット

中古家電のメリット

一番大きいものは、価格が安いということになるでしょう。
洋服などのリサイクルショップに足を運んだことのある人は分かると思いますが、中古の製品というのは新品よりもかなりお買い得な価格が設定されていることが多いです。
そのため、費用をおさえていろいろな家電をそろえたいという人にはいいかもしれません。
次に、安い価格で比較的最新機種が手に入る可能性があるという点があげられます。
日本は家電の性能がよく、日々たくさんの家電が作られています。
テレビのCMでも「また新しいの出たの?」と思うほど、短いスパンで最新機種が出てきますよね。
そのため、タイミングを見計らえば安い価格で最新に近い機種が手に入るかもしれないということです。

中古家電のデメリット

まず、取り扱い説明書や保証書、付属品がついていないことがあるという点があげられます。
中古家電というのは、一度誰かが購入し、使用したものですよね。
そうすると、前に買った人が付属のものを捨てたりなくしたりしていれば当然リサイクルショップにあるものにもないということです。
それらがない分安く購入できるものもありますが、ものによっては不便を感じることもあるでしょう。
また、故障の際に修理代金がかかるという点もあげられます。
中古品は、ショップが動作確認を一応行うとはいえ、新品ではないので壊れやすかったりします。
そして中古品なので保証がついていなかったり、あっても3ヶ月ほどです。
そのため、新品より壊れやすいのに保証期間が短いという矛盾した状態になり、しかも修理代は自己負担となるのです。


この記事をシェアする